現役の頃に東京にある予備校の医学部コースに通っておけばよかった

医学部を目指して独学で勉強

医学部を目指して独学で勉強東京の予備校へ

小学生の頃から、学校から帰ったらすぐに宿題をしなければ、外に遊びに行くことはできないという約束をさせられていました。
すぐに外に遊びに行きたいという強い思いから、帰宅するとすぐに宿題をしていたおかげで、小学校の時は学校でも評判の優等生で通っていました。
そのため親や先生からの期待が大きくて、その影響で将来、なりたい職業やお医者さんだと公言していました。
特に深く考えることもなく発言していましたが、無意識に自分で何度も言っているうちに、本当に自分が医師になりたいのではないかと考えるようになりました。
当然ながら医師になることは難しいので、必死になって勉強をしなければなりません。
勉強をすることは嫌いではなかったので、中学や高校になってからも必死に勉強をしました。
おかげで成績もよく、志望している医学部に合格できる圏内に入るようになりました。
勉強するときはいつも自宅で一人で勉強していたので、予備校などに通ったことがありませんでした。
問題集さえあれば、自分でいつでも好きなときに勉強できるので、わざわざ塾に行く必要はないと思い込んでいたからです。
しかし自分よりも成績が良くなったクラスメートが、夏休みにメディカルラボの予備校に夏期講習に通ったことによって急に成績が上がってからは、自分も予備校に通うべきではないのかと考えるようになりました。
しかし今更、自分の意志を曲げるようで嫌だと感じたので、結局は独学を通すことにしました。